大阪広告代理店のひとりごとU

アクセスカウンタ

画像

zoom RSS 名古屋大学理学部1回生リーダー部所属。『殺してみたい』って言って殺した名大生殺人事件

<<   作成日時 : 2015/03/29 23:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

名大生殺人事件『殺して見たかったから殺した』

2014年12月7日老女「77歳」斧で頭を数回殴って殺した罪と、
2014年12月13日宮城県内の住宅を放火して、住人を殺そうとした事件,高校時代高校の同級生を硫酸タリウム
を飲ませ、1人を失明させた罪で,名古屋地検は、元名古屋大学一回生だった女性「20歳」を起訴した。
でも、まだ名前が明かされていない。

2015年1月27日午前9時40分
名古屋市昭和区山花町の名古屋大学女子大生(19歳)の
アパート1室の風呂場で森さん(77歳)女性の死体を愛知県警千種署員が発見
その前に千種署にて事情聴取している。つまりもっと早い時間に訪ねて行き
署まで連れて行っている。
事情聴取でアパートの中を見せて欲しいと頼んだら、拒否したために、女子大生を伴って
朝9時40分に死体を発見。
名古屋大学リーダー部(応援団)演舞「2人目小柄なブスに近い男女

遺体には頭部何度も切られた跡をがあり、部屋にも血痕があった。手斧も捨てずにあった。

同署はそのときから、殺人事件として捜査を始めたとある。これは、うそです。
そこに居合わせた19歳女性が、経緯を知っていると見て、事情を聞いている。
ツイッターの履歴も把握していた。

殺されたのは、名古屋市千種区で宗教勧誘(キリスト教系)の無職の森さん77歳。

2014年12月7日に行方不明になり,森さんの夫(81歳)が千種署に捜索願いを出した。
ふつう77歳女性なら、認知で家に帰れない、どこかに落ちて死んだぐらいの想像力で
捜査をしないもんです。
それが、捜査して、とうとう森さんと接点がある女子大生に行き着いた。

供述と彼女自身のツイッター(オオウチ@thallium123)のプロフィールとツイートから、読み取れる。
宮城県出身
上中→聖ウルスラ→名古屋大学理学部一年(今ここ)
将来:名古屋大学大学院→自宅警備員→刑務所→拘置所
※聖ウルスラは、ウルスラに従う1万1千人の処女たちの虐殺で
殉教したキリスト教的伝説の中心人物 8歳だった。
小中高の1貫校で,宮城県仙台市にある。

2014年12月7日に手斧で頭部をパッカーン。何度もパッカーンと振り下ろしたけど
死なないので、紐で首を絞めて殺した。
2114年12月8日,死体を片付けずに(小さなアパートだけど、普通は何かで包んで見えないようにするのに
戦利品,初めて殺した実感を味わうためそのままにしたんでしょう。
後でわかったことですが、結果(殺した後,死体はどうなるか)を記録していた。
血が階下に流れないように浴室まで引っ張っていき、何かで体とか顔を覆わないで、1泊し、
翌日そのまま実家のある宮城県に帰っている。※『そうだ 仙台で殺せると確信した』と公判で証言している。

正月までまだ間があるのに帰ったのは、19歳の女の子で、本当はやはり恐怖を感じたのかも知れない。
早すぎる帰郷に,家族は問わなかったんでしょう。
翌年2015年1月26日に自宅のアパートに戻り,死体の横で寝ている。
警察(愛知県警)は、森さんと最後に会った人物と特定しており、もうすでに事情を知っていた可能性があり、
だから、警察は、帰って来た翌日の早朝に訪問している。

『ついにやった』とツイートは2014年12月7日につぶやいている。
画像

※彼女は無類の毒薬好き(すでに中学時代から)で、動物で実験してるし、高校時代人間にも試して失明までさせている。
薬が効かなかったので八方破れで手斧で殺したのか。
薬を使わず,手斧を購入して頭をパッカーンと割って殺したかったのか。

実はauの桃太郎誕生編が影響したのではないかと危惧して調べました。

よかった、
2015年1月1日からオンエア開始でした。

画像

https://youtu.be/KAFz9sCOnrM
松田翔太 桐谷健太 濱田岳 の au 学割 のCM

「ねぇ、桃ちゃんって、本当に桃から生まれたの?」
「うん、そうだよ」
「え、桃からおぎゃーって?」
「いや、パッカーン、オギャー っと」
「なに、その音ぉ?」
「ばあちゃん、思いっきりなたで、パッカーン」
「アブねえじゃん。」
「ちょっとあたってさぁ」
「え、あたったの?」
「で、ばあちゃん、ごめんごめん って」
「そこあやまるんだぁ」
「でもおれ、うん、いいよー って」
「どんな生まれ方だよww」
「パッカーンって」
「もう一回やって」
「パッカーンでしょ」
「は、は、はwwwww」
「面白いことじゃないよ、パッカーンだよ」

思いっきり割ります、au の学割。


もし、これが、2014年12月1日にオンエアされていたなら、即放送禁止でした。


それにしても手斧を使って、やったはない。

子ども時代の家庭環境や,境遇,事件とかが影響して、こんな事件になったと思えない。
頭が賢いのだけど、彼女の脳の中に神様が,「気まぐれに何かを入れた」とにらんでいます。

そうだ、きっと映画「シリアルママ」のお母さんと共通点があると合点。

「シリアルママ」
http://cinema-eiga.at.webry.info/201407/article_16.html

画像


映画「ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男」で
殺したいと思っている男と 殺した男の差って無茶苦茶ある。

2015年1月31日

2012年6月犯人の同級生に毒「硫酸タリを盛ったことで,両目を失明した「傷害容疑」で被害届けを出していた。
宮城県警は、一応市内の薬局に行きタリウムを買った人はないかと調べたそうです。
ただ仙台市内だけ。範囲を広げて電話でもかけて調べれば分かったはず。
犯人心理であれば他所の町へ行って買うぐらいは、素人のボクでもわかる。
名大少女は隣町で購入していた。
それを、宮城県警は、容疑者不詳で片付けていた。※実は調べてなかった。
それを、今度事件で再捜査することになった。当時の署長は,担当課長は処分なし。

名大少女の父親は
2012年春名大生(当時高校2年生)の妹から、毒物を購入した事を聞き,くすりを取り上げ,警察に連れて行き相談しに行ったと証言。高校2年生の終わり頃から成績が上がり,薬品やナイフに興味を持たなくなったとほっとしたが、
その後上着のポケットに折りたたみナイフが入っているのを見てがっかりした。と証言。

妹にメールで送っていた携帯を押収し内容を検察側は公表した。
『人の人生を狂わすのは,面白い』
『今のところ、殺人未遂は何回かあるけど,未成年のうちに,誰でもいいから 絶対殺ってやるからね』

実家から、タリウムを飲ませた2人の経過(観察)報告を記していたノートが押収されていた。
2015年5月27日
名古屋市の女子学生(19)が仙台市の高校(聖ウルスラ高校)に在学中、同級生ら2人に硫酸タリウムを飲ませ一人が失明したとされる事件で、
宮城県警の失態がなければ、次の事件は起こらなかった。


2012年11月聖ウルスラ高校2年生男子が両目失明したので診察してもらったら、タリウム中毒と診断され
2012年12月被害者男性(19歳)の父親が宮城県内仙台南警察署に相談。
2013年2月に傷害容疑で被害届けを提出。
提出前に,捜査員から「まわりに変わった人いないか」と尋ねられ、
「変わった人がいて、白い粉を持ってきて同級生になめさせていた」そのかわった女子高生「名古屋大学リーダー部1回生」の名前を捜査員に伝えた。
捜査員は係長に報告し、署の刑事1課長らも把握していた。
※相談に行った警察署と 学校に行った警察署はちがっていた、連絡が密でなかったので
事件性なしと結論付けた。大失態です。担当課長・署長は懲戒処分なし。

当時、聖ウルスラ高校内で薬物中毒は報告されていなかった。
宮城県内の薬局でタリウム購入記録はなかった。※調べていなかった。うそを警察は言っていた。


名前の上がった女子高生に聴取もせず
タリウムの販売した薬局調査もしていない。
供述,調書も捜査報告も書かず、県警本部にも報告していない。
しかも、そのことを忘れていたことが、わかった。


女子学生が殺人容疑(2014年12月7日に宗教勧誘(キリスト教系)の無職の森さん77歳を
手斧で頭部をパッカーン。何度もパッカーンと振り下ろしたけど
死なないので、紐で首を絞めて殺した事件。

第2回公判(2017年1月18日)で
『森さん「殺すつもりなの』
「はい」
森さん『どうして?』
「人を殺してみたかった」
で森さんは倒れた。
そして『実験結果として記録を残すため4〜5枚写真撮影した

愛知県警に逮捕され、その後の捜査で12年5〜6月に少年らにタリウムを飲ませた疑いが判明。
宮城県警が当時の捜査経緯を確認した際、捜査員らは少年の証言について申告しなかったという。

少年が一部報道機関のインタビューに当時の経緯を話したため、

宮城県警が捜査員の備忘録のノートを確認させたところ記述があったという。
板宮伸司・宮城県警捜査1課長は

「捜査員らは意図的ではなく、記憶に残っていなかった。
 記憶のいい捜査員とそうでない捜査員がいる


と述べた。

2015年6月12日
名古屋地検は,名大応援ガール(19歳)が老女を興味本位で殺した事件を
名古屋家裁に送致する方針。
しかし、
高校時代に同級生2人に毒薬の硫酸タリウムを飲ませた殺人未遂容疑
宮城県内の民家を放火し殺人未遂容疑、放火容疑で逮捕されている。



河北新聞(宮城県の主要紙)記事を転載
<タリウム事件>薬局捜査 宮城県警不十分か 06/02/15(河北新報)
 劇物の硫酸タリウムを同級生2人に飲ませたとして、
殺人未遂容疑で名古屋大の女子学生(19)=宮城県出身=
が再逮捕された事件で、

宮城県警が「捜査の柱」と位置付けるタリウム購入ルートについて、
河北新報社が被害者の男性(19)が
タリウム中毒と診断されて市内の警察署に相談した
2012年12月〜、2015年1月までの間、

仙台市内の毒劇物を扱う薬局など全94店に県警から
照会があったかどうかを取材して聞いたところ、


約7割の64店が「照会はなかった」と回答している。
30店「覚えていない」「無回答・不在」が30店だった。


県警からタリウムの販売履歴に関する照会があったかを聞いた。

板宮伸司宮城県警捜査1課長は2015年6月1日、
取材に「基礎捜査の段階で市内の大半の薬局に当たった」と説明した。
横内泉本部長「捜査に抜けた部分はなかった」。

宮城県警が販売履歴を照会したと具体名をあげたドラッグストアの全国チェーンの担当者は
「県内外の全店について履歴の照会はなかった」と断言した。

河北新報社は、県薬剤師会や県毒劇物協会など県内の業界5団体にも聞いたが、
「宮城県警から照会はなかった」と回答した。

 県薬剤師会の幹部は
「毒劇物を販売した店は客の氏名や住所を書面に残し、
5年間保管する義務がある。どこかの店が照会を受けたという話は全くない」と話した。


名大生は森さん殺害翌日,仙台の実家に帰った理由(第2回公判で)
仙台でも人を殺せると思った』さらに
『まだ人を殺したいと浮かんでくるけど,治療を始めて少なくなった』
2017年1月16日第1回公判が行われ
名大少女は無罪を主張
『目的は、観察であって殺人ではない。毒物の後焼死体を見たい、殺された後を観察したためです。
画像

画像


ひとつだけ、人間らしいところがあります
夏に火炎瓶を置き 冬に同じ女性(66歳)宅に放火して殺そうとしたこと。

ほんとうに、誰でもよかったのか、

同級生だってなんで選んだのかが、
分かれば、
きっと彼女の人間らしい動機が別のところにあったんだと分かるのではないか。
キチガイだけど人間。


2017年3月24日

名古屋地裁は元名大生に無期懲役の判決を言い渡した。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
カテゴリーは、右側にありますが、もう少し細かいカテゴリーを見たい場合、
1度カテゴリーのどこでもクリックしたら、もっと細かいカテゴリーが見れます。
----------------------------------------------------------

2015年1月月間カテゴリーまとめ

2015年1月大阪ニュースhttp://aada.at.webry.info/201503/article_15.html

2015年1月広告ニュースhttp://aada.at.webry.info/201503/article_14.html

2015年1月グラフで見るhttp://aada.at.webry.info/201503/article_16.html

2015年1月の秘密保護法ニュースhttp://aada.at.webry.info/201503/article_19.html

2015年1月 日本戦争へ突入への道http://aada.at.webry.info/201503/article_22.html

2015年1月小売飲食ニュースhttp://aada.at.webry.info/201503/article_17.html

2015年1月NETニュースhttp://aada.at.webry.info/201503/article_23.html

2015年1月経済ニュースhttp://aada.at.webry.info/201503/article_18.html

2015年1月放射能ニュースhttp://aada.at.webry.info/201503/article_25.html

2015年1月政治ニュースhttp://aada.at.webry.info/201503/article_28.html

2015年1月自動車ニュース http://aada.at.webry.info/201503/article_26.html

2015年1月中国ニュースhttp://aada.at.webry.info/201503/article_27.html


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『A関西ニュース』新サイト登場!
関西(京阪神地区大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・三重県)限定情報
オープン・イベント・グルメ・エンタメ・キャンペーン、イベントニュースhttp://pubnews.at.webry.info/
ワンコイン・以下ランチ関西限定紹介(200店以上)ページができました。
http://pubnews.at.webry.info/201404/article_36.html
画像



新設映画レビューhttp://cinema-eiga.at.webry.info/
※トップページ右横マイリンクから飛べます
画像





大阪広告代理店のひとりごとUのブログトップページへhttp://aada.at.webry.info

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
全国の都道府県の広告なら、おまかせください!
テレビ・ラジオ・新聞・フリーペーパー・求人・チラシ広告のリスト・料金一覧が載っています。
もちろんご相談無料です。
良い広告、効果のある広告をアドバイスいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
大阪・広告代理店ア・アド・エージェンシー">大阪・広告代理店ア・アド・エージェンシー
TEL06-6881-0456 mail aaa@a-ad.net URL http://a-ad.net

画像をクリックすると、このページに飛びます
画像

画像をクリックすると、このページに飛びます
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2015年5月の事件
2015年5月19日 横浜市戸塚区 高校1年生(15歳)が、生活態度を注意されて、カッとなって台所にあった包丁で 母親(50歳:35歳で生んだ)と祖母(81歳)を複数回刺して殺した。 父親は、単身赴任中、妹(12歳)は外出中で、 交番に包丁を持って自首した。 ゲームが好きだった子で普段は大人しいけど、ちょっとしたことで、カッとなる性格だった。 ...続きを見る
大阪広告代理店のひとりごとU
2015/07/30 20:30
元名古屋大学リーダー部(応援団)女子学生の殺人、殺人未遂、放火事件の公判始まる。
2017年1月16・19日 元名古屋大学リーダー部(応援団)の女子学生殺人事件の公判が始まりました。 詳細はhttp://aada.at.webry.info/201503/article_55.html で、2917年3月24日に判決が出ました。 ...続きを見る
大阪広告代理店のひとりごとU
2017/03/25 00:09
映画「二重生活」は烏丸せつ子が演ずる管理人の生き方が端的に表わしている。
人の秘密を知ることは 興奮する、まして自分には影響がないと、しないようにすると。 ...続きを見る
大阪広告代理店マンのシネマ映画
2017/03/30 21:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
画像
画像
画像
名古屋大学理学部1回生リーダー部所属。『殺してみたい』って言って殺した名大生殺人事件 大阪広告代理店のひとりごとU/BIGLOBEウェブリブログ
画像
文字サイズ:       閉じる