2013.4.16民主党も自民党も、『直ちに影響ない』の逃げ言葉で、密にロシアに移住計画を打診中。

政府に都合が悪い人は、まずテレビと大新聞から追われる。
今出ている人は、
少なくとも表面上は、
自民党や政府に対して笑顔を振りまいている人だけです。そのために(テレビに出ると講演料のギャラが上がる)
自分の保身のために、ウソを平気で言う人も(非人や河原乞食の類)多少いますが、
ほとんどの人は、黙っておられる。同じ罪なのにね。

最近では、勝谷誠彦が消えましたhttp://aada.at.webry.info/201303/article_29.html

だから、ネットがこんなに大きな位置を占めるようになったし、新聞の発行部数やテレビの視聴率が
落ちるのは、当たり前。政府広報を有料で買う お人よしさんの数の方が未だに多い。

視聴者の大半は、政治に無関心で、極端にいうと、AKB選挙速報に関心を示す、
それは、政治そのものに無関心なおバカと、政治的なものを随分前に諦観した人たちです。

東京新宿でセシウム放射線量が今年に入って急激に増えていることを叫んでも、日本人は自分に火の粉がかからない場合は、百分の1秒で脳をスルーします。

ダイレクト過ぎると人は許容範囲を超えて、自分の鏡の中には、見えなくなります。
たとえば、こんな風に言ったらどうでしょう。


「新宿ではセシウムを浴びることが、常識になっていて、
地方から来る裸むき出しのパアーネイちゃんを
軽蔑している。」みたいなら、

へー、セシウムが流行ってんだ、それってどこに売っているの、いくら?高いの?

答えは、東電福島第一発電所の4号機で、むやみやたらと、むき出し発信しているので、タダ
東京に行かなくても福島に近いほど、セシウムを受けられる。

セシウムのメリットって?
色白になる、痩せる、しかも受ければ受けるほど効果抜群、しかも、子供にまで影響、

それでタダ!。

どうです新宿に来ませんか?もう4,000万人が受けているので、ピークはもうすぐ。

それが、珍しいことに、この流行の前触れを歴代(民主・自民・公明)政府は知っていた 。
「4千万人が入ること」を
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7129601.html
画像

画像


2013年4月 広告ニュース http://aada.at.webry.info/201305/article_32.html
2013年4月 グラフで見る日本 http://aada.at.webry.info/201305/article_33.html
2013年4月 大阪近畿ニュース http://aada.at.webry.info/201305/article_34.html
2013年4月 小売飲食ニュース http://aada.at.webry.info/201305/article_35.html
2013年4月 NETニュース http://aada.at.webry.info/201305/article_36.html
2013年4月 経済ニュース http://aada.at.webry.info/201305/article_37.html
2013年4月 自動車ニュース http://aada.at.webry.info/201305/article_38.html
2013年4月 中国ニュース http://aada.at.webry.info/201305/article_39.html
2013年4月 放射能ニュー http://aada.at.webry.info/201305/article_40.html
2013年4月 政治ニュース http://aada.at.webry.info/201305/article_41.html

ブログトップページへhttp://aada.at.webry.info

全国の都道府県の広告なら、おまかせください!もちろんネットのリスティング広告も
大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・滋賀・
岡山・広島・島根・鳥取・
愛媛・香川・徳島・高知・
福岡・熊本・大分・佐賀・長崎・鹿児島沖縄・
福井・石川・富山・
愛知・岐阜・三重・静岡・
長野・山梨・新潟・
東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木他東北・北海道
上記以外のでも

全国の
新聞・テレビ・フリーペーパー・求人・チラシ広告のリスト・料金一覧が載っています。
もちろんご相談無料です。
私と良い広告、効果のある広告の種類をアドバイスいたします。



大阪・広告代理店ア・アド・エージェンシー
TEL06-6881-0456 mail aaa@a-ad.net URL http://a-ad.net

画像


画像



画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック