泉田裕彦新潟県知事が、東京電力廣瀬直己社長に申請を取り止めるように諭し、「申請が厳しい」と

2013年7月5日 
東京電力の廣瀬直己社長が2年連続社長続投が取締役会で決まり、
その表敬訪問ということで
新潟県庁を訪れた。

ところが、

東電取締役会議で申請の準備(安全対策の技術的予防やシステムが)が整い、
赤字圧縮のため、一日も速く再稼動に向けて、
地元の新潟県庁を訪問して申請の件を納得してもらうことが目的だった。

※広告代理店も、よくそういう手を使うので、そこを突かれると、本来諦めますが
相手を変えることができない、説得するしかない、要求を飲むしか手立てがない。
原発を止めて、代換エネルギーのシフトしかない。


そこで、

会う目的のウソや安全第一といっていながら採算収支、
つまりお金が第一優先だとウソをついた。
東京電力そのものが信用力0もしくはマイナス絶対零度なのに
その体質、信頼回復に向けての努力が足りない と新潟知事は叱責。
(少しクレーマーに見えましたけど)

7月5日午後4時、東京電力の廣瀬直己社長が新潟県庁を訪れ、
東京電力柏崎刈羽原発の再稼働申請をを理解、支持してもらうためだった。

カメラ、TVが入って泉田裕彦知事と30分にわたって面談した。

広瀬社長は柏崎刈羽原発6、7号機の再稼働へ向けた安全審査の申請について説明。
7月8日の新基準施行後なるべく早くに申請したいと理解を求めたが、

泉田知事は「地元の事前了解を受けずに、再稼働申請をするのか」
「命より経営を優先するのか」と厳しく反論。
また、今回の面談は「社長の就任挨拶」との名目だったとして、
知事は「東京電力は嘘をつく会社なのか」「なぜそんなに急ぐのか」と激しくと追及した。
 
広瀬社長は「(申請と)同時にしたい」として、
地元への理解と技術的な審査は同時並行でできるとし、今まさにお願いに上がっている、

泉田知事は不快感をあらわにし、
原発の新規制基準で義務付けられたフィルター付きベント設備の設置の
事前了解願いも受け取らなかった。

東電は審査受け付け初日の8日の申請も視野に入れていたが、
広瀬社長は会談後、

記者団に「難しい」と述べた。

何故福井県知事とこうも違うのか。

はっきり言って、生活にどれだけ原発の金に依存しているかの差。
そのために、神が禁じた(神さんはどこにもいませんが、ボクの言う神さんは、この宇宙を作った、生物をつくった
現象なのか、モノなのか、時間なのかわかりませんが、その神さんのことです)
原発を金ににしか換算しない県民性と、自民党の影響力でしょう。

http://youtu.be/jIe_m2t2or

--------------------------------------------------------------------------------
泉田裕彦        ウィキペディア(Wikipedia)』抜粋画像

いずみだ ひろひこ
生年月日 1962年9月15日(50歳)
出生地 新潟県加茂市
出身校 京都大学法学部
前職 国家公務員(通商産業省・経済産業省)
所属政党 無所属
公式サイト こんにちは泉田です

民選第17・18・19代 新潟県知事 当選回数 3回
任期 2004年10月25日 - 現職

来歴
新潟県加茂市生まれ。加茂市立加茂小学校、
加茂市立加茂中学校、新潟県立三条高等学校、
京都大学法学部卒業。1987年、通商産業省(現経済産業省)に入省。
ブリティッシュコロンビア大学客員研究員や
資源エネルギー庁(石油部精製課統括班長)・産業基盤整備基金(総務課長)への出向を経て、
1998年6月より通商産業省大臣官房秘書課長補佐。
2001年、国土交通省へ出向し貨物流通システム高度化推進調整官を務める。
2003年からは岐阜県庁へ出向し、知事公室参与や新産業労働局長を務めた後、退官した。

2004年、民主党・自民・公明両党ともに指示が割れた。
泉田への支持を表明した地元の財界や小池清彦加茂市長ら、県央地区関係者の尽力により、
泉田が初当選を果たした。当選時は42歳で、全国最年少であった。
政策・主張
新潟州構想2011年1月25日、泉田及び篠田昭新潟市長の連名で、新潟県・新潟市を解体し二重行政を解消するための「新潟州構想」を提唱。
東日本大震災の瓦礫の焼却処理
2013年2月14日、三条市・柏崎市による東日本大震災で生じた瓦礫の焼却処理について、水俣病の場合は原因企業の関係者が刑事責任を問われたことに言及し、「健康被害を受ける人が出ると傷害。それによって亡くなれば傷害致死と言いたいが、分かっていてやったら殺人に近い」と批判した。

著書「知識国家論序説 -新たな政策過程のパラダイム-」(共著)
「空港手荷物の利用と実証実験について」(共著) 社団法人日本自動認識システム協会
「デジタルID革命」(共著) 日本経済新聞社(2004年) ISBN 4-532-31117-9
「国際複合一貫輸送における課題と展望」 日本工業出版
「みんなの命を救う - 災害と情報アクセシビリティ」(共著) NTT出版(2006年) ISBN 4-7571-0186-4
----------------------------------------------------------

画像

廣瀬直己東電社長
東京都出身。東京都立新宿高等学校を経て、
1976年一橋大学社会学部を卒業
東京電力に入社。オイルショックの影響で就職難だった折に就職活動の開始が遅れたため、7月面接解禁のルールを守り、遅くまで採用活動を行なっていた東京電力に入社。大学時代は、友人と組んだロックバンドでボーカルを担当していた。

早くから将来の社長候補として頭角を現し、
1983年にはイェール大学経営大学院に留学して経営学修士(MBA)を取得。
1990年前後には、語学力を買われ、経団連会長などを務めていた平岩外四東京電力会長の秘書役を8年間務め、スピーチライターを務めたり、日米貿易摩擦の交渉で通訳をするなど国際派としても知られる。
1992年から企画部の課長を務めたのち、営業部門に転じた。また原子燃料部、国際部なども経験、縦割りの強い東京電力内では珍しく、多様な部門を経験した。

2003年からの営業部長時代には、若手社員の意見を取り入れたデザインのエコキュートをデンソー、コロナと開発・発表し、成功させるなど、柔軟に周りの意見を取り入れて仕事を進めていくタイプとされる。

営業部長時代や販売営業本部副本部長時代に取り組んだオール電化住宅推進のマーケティングの事例は、母校イェール大学経営大学院でジョエル・ポドルニー学長の授業の教材として採用された。
販売営業本部副本部長などを経る。

2010年の株主総会で取締役に選出され、常務取締役に就任。翌2011年には福島第一原子力発電所事故を受けて新設された福島原子力被災者支援対策本部の副本部長に就任。
清水正孝初代本部長や後任の皷紀男本部長の下で、賠償や広報にあたった。
枝野幸男経済産業大臣からは、「被害者目線に立ち真摯に対応した」と評価される。
加害者の一員に褒められるなんてほめられたものではない。

2012年5月、次期会長に内定した弁護士の下河辺和彦から東京電力入社の志望理由などを尋ねる面談を受け、
勝俣恒久会長及び西沢俊夫社長から次期社長就任を打診され受諾。
5月8日の臨時取締役会で第13代表執行役社長に内定し、
6月27日の株主総会後の取締役会で代表執行役社長に選出された

内定時に開かれた記者会見で、「東電が好きですので、この状態のままでほっぽり出すのは耐え難いという思いがあった」と述べ、被害者への賠償や電力の安定供給維持に努めると抱負を語った。2013年から日本原子力発電取締役兼任。

物腰柔らかな低姿勢で人当たりの良い人物とされ、コミュニケーション能力の高さに定評がある。




2013年5月 広告ニュース    http://aada.at.webry.info/201306/article_64.html  
2013年5月 グラフで見る日本  http://aada.at.webry.info/201306/article_69.html
2013年5月 大阪近畿ニュース  http://aada.at.webry.info/201306/article_72.html 
2013年5月 小売飲食ニュース  http://aada.at.webry.info/201306/article_73.html
2013年5月 NETニュース     http://aada.at.webry.info/201306/article_74.html
2013年5月 経済ニュース     http://aada.at.webry.info/201306/article_67.html
2013年5月 自動車ニュース    http://aada.at.webry.info/201306/article_71.html 
2013年5月 中国ニュース      http://aada.at.webry.info/201306/article_62.html
2013年5月 国際ニュース     http://aada.at.webry.info/201306/article_66.html
2013年5月 放射能ニュー     http://aada.at.webry.info/201306/article_75.html 
2013年5月 政治ニュース     http://aada.at.webry.info/201306/article_61.html
2013年5月 USOンニュース   http://aada.at.webry.info/201306/article_70.html




ブログトップページへhttp://aada.at.webry.info

全国の都道府県の広告なら、おまかせください!もちろんネットのリスティング広告も
大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・滋賀・
岡山・広島・島根・鳥取・
愛媛・香川・徳島・高知・
福岡・熊本・大分・佐賀・長崎・鹿児島沖縄・
福井・石川・富山・
愛知・岐阜・三重・静岡・
長野・山梨・新潟・
東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木他東北・北海道
上記以外のでも

全国の
新聞・テレビ・フリーペーパー・求人・チラシ広告のリスト・料金一覧が載っています。
もちろんご相談無料です。
私と良い広告、効果のある広告の種類をアドバイスいたします。



大阪・広告代理店ア・アド・エージェンシー
TEL06-6881-0456 mail aaa@a-ad.net URL http://a-ad.net

画像


画像



画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

イトカワ
2013年07月07日 18:46
廣瀬社長を始め、東電って経済軟化を学んできた文系そつの人が多いですよね。原子力関係のプロなんて驚くほど少ないと嘆いていらっしゃる人がいたのを思い出しました。

すみません。きょうは、お米売っているお店閉まってました(汗)明日、発送させてください。

この記事へのトラックバック