安楽死って、日本じゃ人を犬みたい見ているみたい。なんで考える人間の気持ちで考えられないのか。

 終末医療で、許されているのは、3つしかない。
画像



1.治療行為の中止、いわゆる尊厳死
 その条件は、回復の見込みがなく、死が不可避の末期状態にあること。

2.間接的安楽死
 死が不可避で、死期が迫り、耐え難い肉体的苦痛がある。

3.積極的安楽死    
 死が不可避で、死期が迫り、耐え難い肉体的苦痛があるのに加えて
 苦痛を取り除くために他に手段がないこと。

この3つに共通する条件として
本人の意思が明示されていることが、必須条件である。

これを破って死なせると、過失致死で逮捕される。



肉体的苦痛は、OKで精神的、経済的、人間関係的な苦痛を
条件に入れるべきじゃないのかな、犬じゃあるまいし.............。


映画『終の信託」
http://aada.at.webry.info/201309/article_20.html














2013年7月の広告ニュース http://aada.at.webry.info/201308/article_52.html
2013年7月大阪ニュース  http://aada.at.webry.info/201308/article_57.html
2013年7月グラフで見る  http://aada.at.webry.info/201308/article_51.html
2013年7月経済TPPニュース  http://aada.at.webry.info/201308/article_60.html
2013年7月の小売飲食ニュースhttp://aada.at.webry.info/201308/article_54.html
2013年7月の政治ニュース http://aada.at.webry.info/201308/article_56.html
2013年7月放射能ニュース http://aada.at.webry.info/201308/article_50.html 
2013年7月中国ニュース   http://aada.at.webry.info/201308/article_59.html
2013年7月自動車ニュース http://aada.at.webry.info/201308/article_58.html 
2013年7月NETニュース http://aada.at.webry.info/201308/article_62.html
2013年7月国際・NSAニュースhttp://aada.at.webry.info/201308/article_61.html




ブログトップページへhttp://aada.at.webry.info

全国の都道府県の広告なら、おまかせください!もちろんネットのリスティング広告も
大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・滋賀・
岡山・広島・島根・鳥取・
愛媛・香川・徳島・高知・
福岡・熊本・大分・佐賀・長崎・鹿児島沖縄・
福井・石川・富山・
愛知・岐阜・三重・静岡・
長野・山梨・新潟・
東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木他東北・北海道
上記以外のでも

全国の
新聞・テレビ・フリーペーパー・求人・チラシ広告のリスト・料金一覧が載っています。
もちろんご相談無料です。
私と良い広告、効果のある広告の種類をアドバイスいたします。



大阪・広告代理店ア・アド・エージェンシー
TEL06-6881-0456 mail aaa@a-ad.net URL http://a-ad.net

画像


画像



画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

イトカワ
2013年09月08日 08:20
人って生まれようと思って生まれてきたのじゃない(生殖細胞単位での活動を見るとそうとも言い切れませんけど^^)ように、死ぬときも精一杯生き抜いてって思いますけど、現代の治療って、あれって、はたして生き抜いていると言えるのか疑問です。
私事で何ですが、ボケで末期癌にかかっている父に対して、母はずっと生きててほしいって本気で願っていたようでした。末期治療を受けることもなくあっという間に逝ってしまったから、そう思えたのかもしれないし、リハビリや治療も借金するところまではいかなかったですけど。
どんな姿になろうと、母にとっては必要な人だった。で、私はその考えを支援しました。弟は、楽に死なせてやりたいと思い、母とも対立してたようですが、では、どこまで治療を受けたら、母は納得できたのか・・・。今となっては考えるのも無駄なことかもしれません。

この記事へのトラックバック