映画「恋愛適齢期 」は結婚適齢期という言葉を否定しながら、それをタイトルにしている。

ダイアン・キートンはバスター・キートンの娘だと、
何十年前から、誰かに吹き込まれ、信じ込んでいた、ので、調べもしなかった。
今回この映画の日記で書こうとして念のため、チェックしたら、あらあら大違い。
アンジー・ディキンソンの夫がアンディ・ウイリアムスだという勘違いもありました。(バート・バカラック)
※アンディ・ウイリアムスの番組を見て、ものすごく違和感を感じていた、そのせいで。

思い込みというのは、そういう面でこわいです。



結婚適齢期は、イスラム教圏では8歳の女の子からって入ってますけど、
現在の適齢期は、経済的条件が絶対で、産めるとか、早すぎるとかいう概念は、なくなっていて、

あと何年かしたら、

結婚適齢期という言葉は死語になっているんじゃないですか。

じゃ、誰でも、いつでも、無条件に結婚できるかというと、そうじゃない。

経済的条件がないと結婚できない。

だから、結婚適齢期の後継的ことばとして

結婚適合期って、やっぱりつまらないですね。



恋愛適齢期
Something's Gotta Give

ストーリー
画像

画像

画像

ITで成功し、今は音楽業界で活躍するバリバリ63歳のハリー・サンボーン(ジャック・ニコルソン)は、
30歳未満の女性しか恋愛対象にしない。なぜなら結婚しない事を納得してくれるからとハリーは言う。

しかし結婚経験なし、の裕福な独身プレイボーイ。

現在は、バツ1で、今は独身の54歳の人気劇作家エリカ・バリー(ダイアン・キートン)の
娘マリン(アマンダ・ピート)と付き合い始めた。

ある日、ハリーは海辺のエリカ所有の別荘でマリンと過ごすために訪れる。もちろんセックするため。

バイアグラを呑んでさあ、挑もうとしたが、突然の心臓発作に見舞われてしまう。
何とか一命は取り留めたものの、
医師(キアヌ・リーブス)の指示で、
エリカやエリカの妹ゾーイ(フランシス・マクドーマンド)たちと、
そのまま別荘にしばらく療養のために滞在。
画像

画像

画像

歳をとれば、きっと愛を告白するなんて、思いっきり恥かしいし、きっと抑えてしまう。
しかし、反対に告白された方も、同じ量だけ戸惑うだろうなって。

まして結婚を考えずに、それでも充分楽しんできた、今も楽しんでいる男だったら、
逃げることを考える。ダイアンキートンとジャック・ニコルソンの配役が決まってからの台本だから、
セリフが、地を言っているようで、おもしろかった。
ただ、あのニコルソンの表情、元宇宙飛行士役の顔と同じというのは、どうもかな
画像

「愛と追憶の日々」
http://aada.at.webry.info/201301/article_25.html
画像
画像

画像

この映画、ハッピーエンドで終わる、それは喜劇だから。



キャスト
ハリー・サンボーン= ジャック・ニコルソン
エリカ・ジェーン・バリー= ダイアン・キートン
ジュリアン・マーサー= キアヌ・リーブス
ゾーイ・バリー =フランシス・マクドーマンド
マリン・バリー =アマンダ・ピート


監督 ・脚本 ・製作 ナンシー・マイヤーズ
音楽 ハンス・ジマー
撮影 ミヒャエル・バルハウス
配給 コロンビア映画・ワーナー・ブラザーズ
公開 2003年12月12日日本2004年3月27日
上映時間 128分
製作国 アメリカ合衆国
製作費 $80,000,000
興行収入 $266,728,738

原題は、1954年のジョージア州の作詞・作曲家ジョニー・マーサーの作品「Something's Gotta Give」より借りている。ジョニー・マーサーにちなんで、キアヌ・リーブス演じる医師の名はジュリアン・マーサーとなっている。

アメリカにおける映画宣伝用ポスターではジャック・ニコルソンとダイアン・キートンの二人の姿だけのポスターであったが、
日本国内公開時にはキアヌ・リーヴスの姿も入ったポスターが用いられ観客動員力向上が試みられた。














2013年7月の広告ニュース http://aada.at.webry.info/201308/article_52.html
2013年7月大阪ニュース  http://aada.at.webry.info/201308/article_57.html
2013年7月グラフで見る  http://aada.at.webry.info/201308/article_51.html
2013年7月経済TPPニュース  http://aada.at.webry.info/201308/article_60.html
2013年7月の小売飲食ニュースhttp://aada.at.webry.info/201308/article_54.html
2013年7月の政治ニュース http://aada.at.webry.info/201308/article_56.html
2013年7月放射能ニュース http://aada.at.webry.info/201308/article_50.html 
2013年7月中国ニュース   http://aada.at.webry.info/201308/article_59.html
2013年7月自動車ニュース http://aada.at.webry.info/201308/article_58.html 
2013年7月NETニュース http://aada.at.webry.info/201308/article_62.html
2013年7月国際・NSAニュースhttp://aada.at.webry.info/201308/article_61.html




ブログトップページへhttp://aada.at.webry.info

全国の都道府県の広告なら、おまかせください!もちろんネットのリスティング広告も
大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・滋賀・
岡山・広島・島根・鳥取・
愛媛・香川・徳島・高知・
福岡・熊本・大分・佐賀・長崎・鹿児島沖縄・
福井・石川・富山・
愛知・岐阜・三重・静岡・
長野・山梨・新潟・
東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木他東北・北海道
上記以外のでも

全国の
新聞・テレビ・フリーペーパー・求人・チラシ広告のリスト・料金一覧が載っています。
もちろんご相談無料です。
私と良い広告、効果のある広告の種類をアドバイスいたします。



大阪・広告代理店ア・アド・エージェンシー
TEL06-6881-0456 mail aaa@a-ad.net URL http://a-ad.net

画像


画像



画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

イトカワ
2013年09月15日 15:11
結婚って、それぞれの文化圏によって、また個人の価値観によって、担っているものが違うから難しいですよね。
でもイメージとしては、一旦結婚した限り日々家庭を前向きに構築すべく生活する義務が発生しますし、様々なシガラミも受け入れる覚悟が必要になるわけで、やはり最終的にはタイミングと勢いなのかなと勝手に想像しちゃいました。


この記事へのトラックバック

  • 映画 恋愛適齢期

    Excerpt: JUGEMテーマ:洋画   マリン・バリーの母親と同じような歳のハリー・サンボーンを   家に連れてきたら、泥棒に間違えられるのは当然かもし.. Weblog: こみち racked: 2014-03-18 20:06