官邸ドローン放射性物質積載墜落事件顛末記

2015年4月
画像

画像

2015年4月23日
4月22日に首相官邸の屋上に謎の飛行物体を発見。
画像

画像

小型無人機(ドローン「ファントム」中国製DJI社)
黒く塗装され、小型カメラ、発炎筒、放射能マーク入りのプラスチック容器が取り付けられていた。
プラスチック容器には、懐かしい言葉
「ただちに人体に影響がないレベルの放射能セシウム134,137が検出された。
1時間当たり1マイクロシーベルトのガンマ線が測定された。
千代田区の6箇所を4月2日調べた結果は、0,017マイクロシーベルトだった。

政府は、重要施設の上空を禁止する法整備をすることに。
ホワイトハウスでもあったのに、自分ちに火がつかないと動かないのが,政治家の習性なんでしょうね
画像

画像

半径300メートルから飛ばした可能性
画像


2015年4月24日
画像

ドローンのモーターやプロペラなどが高性能の部品を交換していた。
塗装に際し,分解もしていたことが分かった。
中国DJI社は、ドローンを世界で100万台、日本で5万台販売している。
機体には製造番号があり、メンテナンスのため購入者の連絡先を確認していれば,れば,所有者の特定も可能だそうです。つまり分解でき,部品を交換できる能力ある人間が,製造番号を削っていないとこをみると、連絡先を記入しなかった可能性がある。

機体が確認できるLEDも黒く塗られているので,カメラだけを頼りで操縦したところをみると、熟達した人間ということになる。
そんな折
2015年4月24日
23日、東京都豊島区池袋本町4にある区立「池袋本町電車の見える公園』の滑り台付近で
2時間ですごく甘い国の年間被爆許容量「1000マイクロシーベル」を越える
毎時480マイクロシーベルトの滅茶苦茶高い放射線量を検出された。

これは、放射能を扱えるテロ集団の首都攻撃かと,ボクは一人思いました。これはパニックになると思い
黙っていましたが、言わないでよかった結果に。

公園の前が2013年3月以前、清掃車の車庫だった。実験用放射能物質を埋めていたことがわかった。
ああやれやれ、
でも子どもを連れて何日間、滑り台に行く親子はきっといた筈。立て札にそう人の検査を呼びかけの文章は
なかった。※池袋保健所に健康相談窓口を設けていた。
画像

ドローンのメーカー、中国DJI社は、機体に記憶装置があり、
皇居や首相官邸の半径1キロで飛行できないようにすると発表。
飛行記録も記憶させてあり、情報提供に協力するとも言った。

2015年4月25日
急転直下24日の午後8時過ぎに,犯人が自首「出頭と書かれている)
原発再稼動推進派の、原発銀座といわれる
福井県小浜市の山本泰雄(40歳)

容疑者のブログに載っていた写真。
画像


彼は去年2014年10月からこの計画を開始して2015年4月9日午前3時30分に首相官邸に飛ばしていた。
発見は、その13日後。官邸の警備の無能さも悲しいとブログに綴っている。
画像


2015年4月24日の「官邸サンタ」のブログの抜粋

ドローンに積んだ汚染土は99gでもなく101gでもなく100g

テロにセンスとかコダワリとかはタワゴトだけど・・・

使用した汚染土はこれが全て・・・ここが今の倫理のリミッター・・・

去年退職してからずっと大きな迷いの中・・・

前例ない道を1人で歩くのはシンドイ・・・

核の平和利用vsテロの平和利用・・・

再稼動の進行にあわせてリミッターを解除していけばイスラム国と変わらなくなる・・・

自分の無能さが悲しい・・・

官邸の警備も無能で悲しい・・・歴史が歪んだじゃないか・・・

ドローン1機で右往左往・・・証拠処分してしまえば捕まらないな・・・もう一回やるか・・・

警備を強化した官邸に更に汚染土積んだドローンを落として・・・

そんなことしても再稼動は止まらないしな・・・
http://guerilla47.blog.fc2.com/blog-entry-51.html


自首と出頭の違い:
出頭は、警察が犯人を既に絞り込んでいて、指名手配をかけた後に、犯人が警察に出向く場合を言います。
自首の場合は、警察が、容疑者を未だ特定できない状態のときに、
犯人が警察に出向いてくる場合を言います。

じゃ、絞り込んでいたということになる。
捜査員を急遽派遣して容疑者の話を聞いて裏付け捜査をするそうです。
出頭じゃなく、自首でしょ!

で新聞は,反原発派の困惑,批判がめーんで
理解は、チョコット書かれている。
福井県おおい町の運転指し止め訴訟原告代表で住職の中嶌(なかとう)哲演さん(73歳)

「福島の水や土を使用してることに意味があり、福島事故が収束していない中、
原発の再稼動が許されるのかというメッセージがあるのだと思う」


司法でしか止められない,政治状況では、方法は限られる。


2015年4月26日
「官邸サンタ」こと山本容疑者は、4月24日の午後8時に福井県小浜署に自首したとき

ドローン2機と、
発炎筒5本、
福島原発付近の砂約1kgの入ったプラスティック容器
を持参していた。

複数の山本容疑者を知る友人によると

高校卒業画像

航空自衛隊入隊

警備会社

キノコ栽培

部品メーカー

2014年夏に退職
官邸サンタにブログ立ち上げる

2014年10月から、官邸にドローンを着陸させる計画を開始

※2004年に関電美浜原発で配管の破断で蒸気や熱水が飛び出し、作業員5人が死亡
その中の1人に山本容疑者の高校の同級生がいた。

自宅には、許可をとった散弾銃をもっていた。
警察は、今留守にしているので預かっていると説明。
画像



関西電力美浜原発事故(日本で初めて起きた死亡事故)2004年8月9日

<小出裕章さんに聞く>美浜原発、国内初の稼動中死亡事故から10年2014年9月 5日 13:25
アジアプレスYouTube twitter.gif facebook.gif

運転中の原子力発電所における日本で初めての死亡事故となった関西電力・美浜原子力発電所の事故からちょうど10年が過ぎた。人災として関西電力の危機管理能力が厳しく問われたこの事故は、果たしてその後の日本の原発運営にどのような教訓を残したのか。京都大学原子炉実験所・助教の小出裕章さんに聞いた。(ラジオフォーラム)

京都大学原子炉実験所・助教の小出裕章さん

◇140度の熱水が作業員を襲った
ラジオフォーラム(以下R):10年前の2004年8月9日、美浜原発で国内初となる稼働中の原発での死亡事故が起きました。簡単に言えば、核エネルギーの熱で沸かした熱湯が通る配管が破裂して、水蒸気と熱水を浴びた作業員が亡くなったという、そういう事故だと解釈していますが。

小出:基本的にはその通りですが、作業員が浴びた熱水は、ウランの核分裂によって沸騰した水そのものではなく、2次系といわれる、タービンを回した蒸気がまた水に戻って、それが蒸気発生機に送られる途中の配管が破れて、そこから噴出した熱水です。

R:当時、小出さんはこの事故を受けてリポートを作成されていますが、稼働中の原発で初めて死亡事故が起きたことを知ったとき、そして、その詳細が明らかになるにつれて、どのようにお感じになりましたか。

小出:まず、亡くなった5人の方がたは、いわゆる関西電力の社員ではなくて、そのひ孫請けの会社の方たちでした。140度という高温の水が10気圧という圧力がかかった状態で配管の中にあったのですが、その配管に一気に大きく穴があきまして、高温の水と蒸気が音速に近いような形で大量に吹き出してきたのです。

それを浴びて、あるいは吸い込んだりして、恐らく4人の方はほとんど一瞬のうちに絶命したと私は思います。残りの1人の方は、全身の9割に火傷を負って重体になっていたのですが、その後、半月ほど苦しい戦いをした後で、やはりお亡くなりになってしまいました。まことに苦しい形で命を奪われたのだろうなと、まずは感じました。

◇事故原因は安全対策費の削減

小出:そして、その原因が一体何なのかということをまずは知らなければいけないと思い、私自身も調査を始めたのですが、あまりにも馬鹿げたものでした。

もともとは、1センチもあるような分厚い配管だったわけです。けれども、壊れた時には、もうその配管が腐食と水による機械的な摩耗によって、わずか0.4ミリの厚さしかなかった。それに全く気づかず、検査もしないまま、何十年も経っていたという状態だったのです。

R:これは怠慢と杜撰な管理によって起きた人為事故というほかないですね。

小出:まさにそうですね。本当であれば、きちんとした検査体制をつくってやるべきなのですけれども、検査にお金がかかるということで、関西電力が検査の費用を次々と削減してきてしまっていました。そのために、きちっとした検査を行わないまま事故に突入してしまったのです。

R:この美浜の事故の教訓というのは、2011年の福島の事故まで活かされていたと言えるでしょうか。

小出:残念ながら活かされていなかったわけですね。検査というものも、どんどん手を抜く方向で行われてきましたし、福島の場合には、本当だったら事故の時に使わなければいけないような装置があるのですけれども、そういう装置の点検も、また運転の訓練もしていなかったということが事故で明らかになりました。

ですから、「経験が活かされたか」という問いであれば、「残念ながら活かされなかった」ということになると思います。


※小出さんの音声をラジオフォーラムでお聞きになれます。
◎ラジオフォーラム(http://www.rafjp.org/


2,015年5月16日

犯人の顔写真が載っています
画像

山本泰雄容疑者は
「デモ以上,テロ未満」と供述。
動機はドローンのバッテリーに書いた「原発再稼動反対 官邸サンタ」と供述している
にもかかわらず、
知人は,
「反原発のことを語っていない」
捜査陣は
「反原発デモに参加していない」
ブログに
「最初の頃の書き込み
「中小や非正規に対する優越感だけで仕事を続けている。つまらない種類の人間になった」
を捜査幹部は
「反原発にかこつけて自分の不満を晴らしていたんだろう」
と犯人の動機を貶めている。










★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
カテゴリーは、右側にありますが、もう少し細かいカテゴリーを見たい場合、
1度カテゴリーのどこでもクリックしたら、もっと細かいカテゴリーが見れます。
----------------------------------------------------------

2015年4月月間カテゴリーまとめ

2015年4月大阪ニュースhttp://aada.at.webry.info/201506/article_9.html

2015年4月広告ニュースhttp://aada.at.webry.info/201506/article_10.html

2015年4月グラフで見る<http://aada.at.webry.info/201506/article_11.html

2015年4月の秘密保護法ニュースhttp://aada.at.webry.info/201506/article_19.html

2015年4月 日本戦争へ突入への道http://aada.at.webry.info/201506/article_12.html

2015年4月小売飲食ニュースhttp://aada.at.webry.info/201506/article_14.html

2015年4月NETニュースhttp://aada.at.webry.info/201506/article_18.html

2015年4月経済ニュースhttp://aada.at.webry.info/201506/article_13.html

2015年4月放射能ニュースhttp://aada.at.webry.info/201506/article_16.html

2015年4月政治ニュースhttp://aada.at.webry.info/201506/article_20.html

2015年4月自動車ニュース http://aada.at.webry.info/201506/article_15.html

2015年4月中国ニュースhttp://aada.at.webry.info/201506/article_17.html


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『A関西ニュース』新サイト登場!
関西(京阪神地区大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・三重県)限定情報
オープン・イベント・グルメ・エンタメ・キャンペーン、イベントニュースhttp://pubnews.at.webry.info/
ワンコイン・以下ランチ関西限定紹介(200店以上)ページができました。
http://pubnews.at.webry.info/201404/article_36.html
画像



新設映画レビューhttp://cinema-eiga.at.webry.info/
※トップページ右横マイリンクから飛べます
画像





大阪広告代理店のひとりごとⅡのブログトップページへhttp://aada.at.webry.info

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
全国の都道府県の広告なら、おまかせください!
テレビ・ラジオ・新聞・フリーペーパー・求人・チラシ広告のリスト・料金一覧が載っています。
もちろんご相談無料です。
良い広告、効果のある広告をアドバイスいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

TEL06-6881-0456 mail aaa@a-ad.net URL http://a-ad.net

画像をクリックすると、このページに飛びます
画像

画像をクリックすると、このページに飛びます
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック