2016年1月3歳児虐待殺人事件が2つも

2016年1月9日
埼玉県LINEで「帰ったらいじめてあそぼ」と実の父母が交わしていた事件。
3歳に正座させる。紐でくくり押入れに金具をつけて閉じ込める。熱湯をかける。突き飛ばす。
NHKのドラマ『逃げる女』の殺人者の女も、同じように実の父母に日常的にいじめられていた。
彼女が高校生のとき、強盗がその父母を惨殺した現場に見たとき、微笑んだ。
強盗は怖くなって逃げた。そんなドラマが2016年1月にあった。
寒い冬、子どもを裸にして水をかける遊びをしている。
画像


2016年1月9日
1月9日午前11時20分ころ、大河原優樹容疑者が「起きたら、3歳の娘が冷たくなっていた」などと119番通報したことで事件が発覚。
これを受けて狭山消防署の隊員らが現場に駆けつたが、その場で羽月ちゃんの死亡が確認した。

隊員は、羽月ちゃんの体にはヤケド以外にも複数の外傷があったということで、
日常的に虐待が加えられていた可能性もあると見て警察に通報。
自宅内の押し入れには子供を閉じ込めるためとみられる仕掛けがされていました。

埼玉県狭山市新狭山2丁目で3歳の次女、藤本羽月(ふじもと はづき)ちゃん3歳が死亡しているのが見つかった事件で、
実母の無職藤本彩香(ふじもとあやか)22歳容疑者と、
同居する内縁の夫の工員・大河原優樹(おおかわら ゆうき)容疑者(24)が
「熱湯をかけた」などと供述している。

殺人や傷害致死で立件される可能性も。とりあえず保護責任者遺棄の容疑で2人とも逮捕した。

警察の発表によると2人は、
羽月ちゃんを2015年12月に顔などに熱湯をかけてヤケドを負っているにもかかわらず、
病院に連れて行かず放置した。
このとき、藤本彩香と大河原優樹は「熱湯をかけた」と供述している。

1月10日に埼玉県警が羽月ちゃんの遺体の司法解剖を行いましたが、
死因は明らかにならなかった。胃の中は、からっぽだった。


なお、昨年6月~7月に近所の住民から2回110番通報があったことから、
狭山署の警察官らが現場マンションを訪問していたことがわかりました。

しかしこの際に羽月ちゃんの身体検査を行ったところ、
特に虐待があるようには見受けられなかったことから、
児童相談所には通告しなかった。

警察は、昨年の現場での対応が適切だったかどうか調べるそうです。

狭山市によると、羽月ちゃんは「母親の就労」を理由に昨年6~7月の2カ月間、市内の保育所に在籍。「家庭での保育が可能になった」として退所していた。また、
同市は羽月ちゃんの乳幼児健診が未受診であったことから、
容疑者宅を訪問し、藤本容疑者や羽月ちゃんらと面会。「発達、発育に問題はない」と判断していた。


藤本彩香容疑者は羽月ちゃんのほか4歳の長女がおり、内縁の夫である大河原優樹容疑者と4人暮らし。

県警は、自宅近くに葉月ちゃんを縛るロープも押収した。
スマホから、LINEで『今からいじめに行こう』などの会話が残されていた。3歳で正座させられている写真も出てきた。
画像


画像


画像


「逃げる女」で刑事たちの会話
安藤刑事
『刑事が嫌になりました、ていうか人間が嫌になりました
寒い冬に裸にして水を掛けて遊んでいる、自分たちが生んだこどもにですよ
人間のルール違反じゃないですか』

佐久間刑事のひとりごと
 
『人は心にいろんなルールを持っている。優しい母親に育てられた安藤には
それなりに親と子どものルールがあるんだろうと思う。
時として人間は、相手が自分と同じルールで生きているんだと思い込んでしまう。
人はそれぞれのルールで生きて来たということを、つい忘れてしまう。
人を信じているというのは、相手が自分と同じルールで生きていることを期待する
むなしい希望なのかもしれない。』
画像

逃げる女http://cinema-eiga.at.webry.info/201602/article_1.html


もう一つの事件は、1月27日東京都大田区大森南のマンションで、新井礼人チャン(3歳)を
母親22歳の愛人で暴力団員永富直也(20歳)が、今月1月18日頃から暴行を始めた。
2015年6月にSNSで知り合い、2016年1月8日から同棲するようになった。
ガンをつけられたと195cmの永富が平手打ちした。
そこから、エスカレートしていった。
母親は27日未明119番して、滑り台から落ちたとウソを言った。駆けつけたとき永富はベランダでメールをしていたそうです。
画像

画像






★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
カテゴリーは、右側にありますが、もう少し細かいカテゴリーを見たい場合、
1度カテゴリーのどこでもクリックしたら、もっと細かいカテゴリーが見れます。
----------------------------------------------------------

2016年1月月間カテゴリーまとめ

2016年1月大阪ニュースhttp://aada.at.webry.info/201603/article_20.html

2016年1月広告ニュースhttp://aada.at.webry.info/201603/article_21.html

2016年1月グラフで見るhttp://aada.at.webry.info/201603/article_23.html

2016年1月 日本戦争へ突入への道・秘密保護法ニュース
http://aada.at.webry.info/201603/article_33.html


2016年1月小売・飲食・経済ニュースhttp://aada.at.webry.info/201603/article_29.html

2016年1月NETニュースhttp://aada.at.webry.info/201603/article_31.html

2016年1月放射能ニュースhttp://aada.at.webry.info/201603/article_26.html

2016年1月政治ニュースhttp://aada.at.webry.info/201603/article_38.html

2016年1月自動車ニュースhttp://aada.at.webry.info/201603/article_30.html

2016年1月中国ニュースhttp://aada.at.webry.info/201603/article_32.html


TPPの陰謀  http://aada.at.webry.info/201510/article_44.html

VWの不正  http://aada.at.webry.info/201512/article_20.html

東芝の不正  http://aada.at.webry.info/201507/article_26.html

杭打ちの不正 http://aada.at.webry.info/201512/article_17.html

シャープ危機 http://aada.at.webry.info/201601/article_26.html

神戸山口組と名古屋山口組抗争http://aada.at.webry.info/201510/article_39.html

結婚紹介所青酸カリ殺人事件筧千佐子の軌跡 http://aada.at.webry.info/201501/article_70.html

尼崎変死連続殺人事件 http://aada.at.webry.info/201501/article_69.html


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


カテゴリーは、右側にありますが、もう少し細かいカテゴリーを
見たい場合、1度カテゴリーのどこでもクリックしたら、
もっと細かいカテゴリーが見れます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
画像


A関西ニュース(京阪神地区大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・三重県)の
オープン、キャンペーン、イベント・お得情報を無料で告知する



「A関西ニュース」関西パブリシティニュースサイトhttp://pubnews.at.webry.info/




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
新設映画レビューhttp://cinema-eiga.at.webry.info/
※トップページ右横マイリンクから飛べます
画像









大阪広告代理店のひとりごとⅡのブログトップページへhttp://aada.at.webry.info

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
全国の都道府県の広告なら、おまかせください!
テレビ・ラジオ・新聞・フリーペーパー・求人・チラシ広告のリスト・料金一覧が載っています。
もちろんご相談無料です。
良い広告、効果のある広告をアドバイスいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

TEL06-6881-0456 mail aaa@a-ad.net URL http://a-ad.net

画像をクリックすると、このページに飛びます
画像

画像をクリックすると、このページに飛びます
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック