テーマ:映画邦画

2014年3月14日死亡記事「宇津井健さん妻の自宅で慢性呼吸不全で死去82歳

死ぬ2週間前に80歳の女性にプロポーズし、死ぬ当日婚姻届を出していた。 やしきたかじんも同じで、けじめをつけたんでしょうね。 宇津井健さんは、 新東宝に入社。新東宝倒産後は大映に移籍、大映倒産後はフリーとなる。大映在籍時からテレビドラマにも進出し、以来60年近く第一線で活躍した。 代表作は『スーパージャイアンツ』シリーズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪広告代理店マンのシネマ映画だけのレビュー一覧  2013年12月~2014年3月31日

「鈴木先生」世の中の理想のカタチを学校教育から始める。これからの未来をこどもたちに託す。 それが、教師の、学校の役割だ!監督 河合勇人、出演 長谷川博己、富田靖子 http://cinema-eiga.at.webry.info/201312/article_1.html 「海を飛ぶ夢」尊厳死と安楽死の違いがよく分かる。スペイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年に観た映画(邦画)のベストテン※あくまでもボクが観た映画です。

2013年に封切られて映画じゃなく、ボクが観たというだけのけっこうマイナーなベストテンです。 ※観た順 ●「時をかける少女」2006年 ただ突っ立って待つことしかできなかった、女の子が 突然突っ走る姿って、きれいじゃなく、好きになりませんか?....監督細田守 http://cinema-eiga.at.webry.inf…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「鈴木先生」

世の中を変えれるのは、教育がベストな近道だと考えている。 学校の中は、理想の世界の中で教育すれば、彼らは、きっと理想の世の中に変えてくれると 鈴木先生は考えている。黒ぶちの目がね、ループタイをしている典型的な教師。 なのに生徒との淫行を妄想し、嫌煙ポスターが貼り捲っている喫煙室の中、タバコを喫かす。 富田靖子先生が心を痛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ちゃんと伝える」ことが、一番身近な人には、難しいけど、それでも伝えないと

「ちゃんと伝える」ことが、一番身近な人には、難しいけど、それでも伝えないと 園子温監督は「希望のくに」からカミソリのような切り口の手法から、 エアブラシで描いた漫画のように、ふわぁっとした作風に変化している。 大人になったのかな 「先週Eテレで寺山修司の軌跡を訪ねる番組に出ていた」のを聴いていたら、そんな気がした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「誰もしらない」は、誰が知らないのか、何故知ろうとしないのかと是枝監督は問題提起しています。

長男『だいたい お母さん 勝手なんだよ」 母『なによ その言い方   勝手_誰が一番勝手なの? アンタのお父さん一番勝手じゃないのよ ひとりでいなくなって 引っ越しました http://cinema-eiga.at.webry.info/201401/article_26.html 2013年8月大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「奇跡」は、人の幸せを願えば、奇跡は起こる。決して宝くじとか結婚成就とか自分のことにはムリみたい

大阪で暮していた親子4人だったのが、離婚で母と長男,父と次男が、福岡と鹿児島に住む事になって。 長男は、また一緒に暮せるように、桜島が大爆発を起こして鹿児島に住めなくなったら、 またもとの4人暮らしになる事を願い、 次男は4人暮らしの悲惨な毎日に戻りたくないと密かに思っている。 そんな時、九州新幹線が開通する…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「歩いても歩いても」は石田あゆみのブルーライト横浜の一節からとった。

父親が思う妻や子供、 母親が思う夫や、一人一人の子供たち、子供が思う父や母や兄弟は、 それぞれの思いが、この世で一番、とっても大事な思いなんです。 ホント、些細なつまらないことでも、その当事者にとって 人生の道程に多大な影響を受けているもんなんです。 容量オーバーで引越ししました。 http://ci…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安楽死って、日本じゃ人を犬みたい見ているみたい。なんで考える人間の気持ちで考えられないのか。

 終末医療で、許されているのは、3つしかない。 1.治療行為の中止、いわゆる尊厳死  その条件は、回復の見込みがなく、死が不可避の末期状態にあること。 2.間接的安楽死  死が不可避で、死期が迫り、耐え難い肉体的苦痛がある。 3.積極的安楽死      死が不可避で、死期が迫り、耐え難い肉体的苦痛があるの…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

映画「終の信託」は、喜劇だから、美しく、真実なんだって、そんなオペラの紹介 "私のお父さん”

同僚医者の男に、ビールの栓のように捨てられ、 長かった髪を切り、酒びたりだった担当医(草刈民代)を 患者の役所公司が、CDを貸します。それを聴いて泣いたんでしょう。 役所「西洋人って、人が悪いですね。    「私のお父さん」、初めて聴いたとき     まさか喜劇だなんて思わなかった。 草刈「エッ喜劇?!」 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』

男はいつから、孤独になってしまったんでしょうか。 一生懸命、妻のため、子供のために働き、 究極の目的、子孫を残すために、人類が直立で歩き出した頃から仕事だった。 その時代から、もしかしたら、男は、孤独だったのかもしれない。 ただ、女も自分で食べれるようになって、余計に男を頼らなくなったのかも知れない。 つま…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

鍵泥棒のメソッドは日本映画では珍しく明快な映画です。

映画を観たあと、教えられるのか (すっきり、教示、理解)、 おもしろのか、泣かせるのか、 怖いのか、つまらない (ヘタ、テーマがバラバラ、)のか、 という大きくわけて5つの感想があります。 少し凝ってくると、あの俳優は、 監督は脚本は、音楽は、美術はと 総合芸術ならではの細部に感想を述べたりする。 これは、あまり意…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画「きょうのできごと」 a day on the planet

この映画の主人公が妻夫木と田中麗奈なんですが、映画好きの人間が、この映画を語る時は、 池脇千鶴のことばっかりで、池脇千鶴ファンとしては観なあかんと思い、なんの解説も見ずに借りた。 鯨が寝そべっていて、壁に挟まっている男が出てきて、大阪から京都へ向かう車が出てくる。 夜で、寝入ってしまうほどの距離じゃないのに、150kmぐらい走…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「明日、君がいない 」は、「桐島、部活をやめるってよ」と似すぎてはいるけど、主張がちがう。

幼稚園の時って、どんなけ覚えています? 小学校の時、中学生の時は?、高校、青春時代のとき、 ああ、子供だった、幼稚だった、浅はかだったと、思い出しますよね、 でも、じっと考えて見たら、手に汗が滲み、背中に一筋の汗が流れ、赤面することや、反対に感動したことや、 涙する事が、きっとあったように、思います。 あるセミナー…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

「麦秋」家族というものは、みんなの幸せを個々それぞれ願っている。そして続いて欲しいとも

家族の幸せを願うのは、一緒なのは、当たり前なんでよね。みんながみんな同じ願いだったら、 そんな映画は、きっとつまらないものになります。 でも、よくよく「願い」見ると、人それぞれで、年齢でも、状況でも、 オーバーかも知れないけど、時代も違う人が願うのだから、 幸せになる条件のランクが変わるし、中味そのものも違うのでは。…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

映画「ディア・ドクター」を見たとこに、本物の偽医者が、蝶結び縫合で偽医者がバレて逮捕、リアルですね。

2013年6月15日 田舎の無医村のところかというと、これは、きっとへまの一つだと思うけど、 なんと、東京都八王子市の診療所、「高尾クリニック」。2010年から2年間26~85歳の延べ8,000人以上 診察した。 2010年に柔道整復師城代明俊〈あじろあきとし〉45歳が1000万円で診療所を買い 院長と非常勤医師を雇い…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

「ディア・ドクター」笑福亭鶴瓶が、こんなに上手いとは知りませんでした、偽医者やらしたら、

ボクの親父は余命1ヶ月と宣告されて、ホスピスに移動しました。親父には内緒で。 ところが、もうあかんとなれば、四国巡礼千枚通し、ダライラマのゴマ、サイババの灰、波動水を 最後の親孝行と思い、譲ってもらい(全部無料でしていただいたという奇跡がうまれたんです) その甲斐あって、胆肝がんが見事になくなり、ホスピスには詐欺師とまで言…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画[ゆれる」は兄弟愛について女性監督西川美和監督は、こう見ています

兄弟は他人の始まり」ってことわざ、最近聞いたことないんですが、 もしかして緘口令(カンコウレイ)、そんなものまで隠すのか、怖いですね、どうなんでしょうね。 ボクは4人兄弟(すでに1人はあの世に先に往ってます)が、両親または片親でも、失くしてしまえば、 法事か葬式の時しか合わない、(甥、姪の結婚式にも呼ばれたことがない※…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画「金星」は学生参加の映画ですが、原点が見えました。

映画「金星」 盲目の思春期の少年とこれまた盲目になって、 頬に火傷が痛々しい、少女とのピクニック映画。 もちろん、付き添いのおばさんと叔父さんが付き添います。 あと出てくるのは、カメラサークルの男子大学生2人。 物語の最初は、この世を憎みまくっている表情をした少年が、独り立っている。 滅多にない、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年6月5日三匹の侍の大看板、長門勇氏老衰のため死去 81歳

長門勇さんの代表作は、 てなもんや三度笠もありますが、 やはり、三匹の侍の槍使い、 素浪人(元百姓だったと思う) 桜京十郎 大学のゼミで、七人→三人→独りが 時代の投影(地域→ファミリー→個人)が、 この3つのドラマがヒットした理由 とか何とか書いた気がします。 最後は、独り暮らしで、親戚に看取られ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スープ~;生まれ変わりの物語~」は死生観だけを見たらもひとつですが、涙が溢れる物語として観て!

この記事が出たのはきっと2011年だったと思います。 ノンフィクションで前世を知っている人が多数?いる中国の奥地の村がある? 映画化決定! 必ず観ようと思って、年月が過ぎ、得意の忘却で忘れていたら、 たまたまSNSで紹介されていて、おもしろそうやんで、借りて、 観終わる頃に思い出した。 内容は引っ越しました …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「モンスタークラブ」で、ソクラテスの言葉をいう窪塚洋介とピュ~ぴるの姿だけ印象に。

影響される映画は、ここ20本ぐらい見て、どうしても書きたい作品にめぐり合わなかった,と思っていたんです。 日本映画が大半なんで、15分で止めた作品もあった。と思っていたんです。 けっこう,厳選して選んだのに、感動しない、ひっかからない。と思っていたんです。 それは、映画に責任がなかった、ボクが、無感動になっていた。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「大阪物語」はVHSレンタルしかなかった。

大阪物語 東京出身の人が、大阪を描く時って、 アメリカ映画でニューヨーク出身の監督がロサンゼルスを描く場合とよく似ている。 ハリウッド、シスコ、ベガスも一緒くたに描くように、 堺も、東大阪も十三(じゅうそう)も梅田も難波も天神橋も黒門市場も天王寺も鶴橋も京橋も何の脈拍もなく 描いてしまう。 大阪もんにとって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「おおかみこどもの雨と雪」はアニメだけど、おとぎ話なんかじゃない。親子の繋がりと義務を

「SWIMMING POOL」で妄想を見て妄想もリゾートだ、なんて納得して 妄想まわりで「BELL FLOWER」の妄想を見て、リゾートも場所にヨリケリだ。 少し食傷気味になり、 おとぎ話みたいな映画をと見たのが「おおかみこどもの雨と雪」 冒頭のセリフ 「おとぎ話だって笑われるかもしれません。 そんな不思議な…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アニメ「河童のクゥと夏休み」は、絶滅させたのに、河童は、人を励ましています。そして人間が変わるのを?

「人はひとそれぞれで、決して異常じゃない、 ヘンで良いんです、カラフルに生きましょう」メッセージ の「カラフル」の原恵一監督の一つ前の作品。 「人は急に人が変わるんだろう」 きっとこれが下に流れるテーマなのかもしれない。 それは人間のそばにいる、犬(おっさん)と、人間をあまりいい印象を持っていない河童の子供(ク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ロストクライムー閃光』が、3億円事件が何故時効を迎えてたか、証拠品100以上もあったのにを答える

『ロストクライムー閃光』が、3億円事件が何故時効を迎えてたか、証拠品100以上もあったのにを答える ロストクライム -閃光は・3億円事件発生した日の年代1968年は学生運動の激しい時代だった。 角川映画であるかぎり、アンチ警察、アンチ国家であることはまちがいない。 日本の警察、検察機構の恥部の中味は、 残念ながら、「恥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Colorful・カラフル」のアニメ映画、食卓シーンで喉仏が泣きました。

人は誰でも過ちを犯す、それに気付いて、 少し痛みを感じながらやれば、輪廻のサイクルに乗れます。 人は誰でも1色じゃない、いろんな色を持っている、 きれいな色も、汚い色も、悲しい色も、苦しい色も それは、ちょっと離れてみたら、カラフルに見える。てことです。 親と子、お友達の大切さ、自分の狂気、全ての人がその人なりに持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「秘密」2本と「ONEひとつになりたい」で共通しているのは、セックスしない、鉄板の倫理観。

「憑依」と「リーインカーネーション(転生)」とは、どう違うのか?っては、この3本を見れば明らか、でもない。 「秘密」は東野圭吾の小説を2人の監督によって、別物の結果を生む。 転生の「ONEひとつになりたい」は輪廻転生の転生なだけど途中で入れ替わる 憑依は人格が、別の人間の体に移る。だから、体の中には、2人の人格が入っている…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more